※当サイトのコンテンツには、一部広告を含む場合があります。

円高円安とは何か?円高円安どっちがいい?円高円安をわかりやすく解説!

円高円安をわかりやすく説明

「円高ドル安」「円安ドル高」と言った言葉をニュースで聞いたことがあるかたも多いのではないでしょうか?

「円高円安」とは、一体どういう状況で、どういう原理で起こるのでしょうか?

円高円安の概念を理解しよう!
  • 円高円安どっちがどっち?
  • 円高円安どっちがいいの?
  • 円高円安になる理由は?

この記事では「円高円安」の概念についてわかりやすく解説します。

FXの取引において、円高円安の仕組みに理解していなくてもは売買は行なえますが、株式投資等の場合は円高円安の仕組みをわかっていると銘柄選定の役にも立ちます。円高円安の概念だけでも覚えておきましょう!

YOKO

ガイド

元銀行員/OL投資家 YOKO

関西在住の元銀行員。現在はロボアドバイザーや積立を活用した自動資産運用をメインに資産運用を行っています。手間がかからず忙しい方でも資産運用できる方法をお伝えします♫

目次

円高、円安とは

円高円安とは、円を他の通貨と比べたときに価値が高いか低いかで決まります。

円高とは、円の他通貨に対する相対的価値、言い換えると、円1単位で交換できる他通貨の単位数が相対的に多い状態のことです。逆に、円安とは、円の他通貨に対する相対的価値(円1単位で交換できる他通貨の単位数)が相対的に少ない状態のことです。

日本銀行「円高、円安とは何ですか?」
  • 円高」とは円の価値が他の通貨に対して上がること
  • 円安」とは円の価値が他の通貨に対して下がること
円高円安とは何か?円高円安どっちがいい?円高円安をわかりやすく解説!YOKO

とてもややこしいのでイラストを使って説明します!

円高とは「円の価値が上がる」こと

今日の為替レートが「1ドル=100円」の場合、100円を出せば1ドルが買えます。

翌日の為替レートは「1ドル=50円」でした。

昨日まで100円を出さないと買えなかった1ドルを「50円」で買うことが出来ます。

これはつまり、為替レートが1ドル100円のときよりも多くのドルが買えるため「円高」になったと言います。

円高円安とは何か?円高円安どっちがいい?円高円安をわかりやすく解説!Mr.BEAR

100円から50円になったんやったら「円安」じゃないん?

円高円安とは何か?円高円安どっちがいい?円高円安をわかりやすく解説!YOKO

黙れ、クマ野郎。

円高をたまごに置き換えて考えてみよう

では、1ドルを玉子1パックに置き換えてみましょう。

1ドルが100円だったときは、玉子は1パックしか買えません。

そこから円高になり、為替レートが1ドル50円になった場合は100円で2パックの玉子が買えます。

円高円安とは何か?円高円安どっちがいい?円高円安をわかりやすく解説!YOKO

100円で1パックだったときよりも円の価値が上がりましたね!

円安とは「円の価値が下がる」こと

円安とは、円高とは反対に円の価値が下がることを言います。

「1ドル=100円」だった為替レートが、「1ドル=200円」になったとします。

1ドルを買うためには「200円」を出さないと買えなくなりました。

これはつまり、ドルに対して円の価値が下がったことになり「円安」になったと言います。

円安をたまごに置き換えて考えてみまよう

200円で1ドルということは、100円で0.5ドルしか買えないことになります。

為替レートが「100円=1ドル」のときよりも買えるドルが少なくなってしまいました。

これが円の価値が低くなった(=円安になった)状態です。

これを玉子に置き換えるとこうなります。

円高円安とは何か?円高円安どっちがいい?円高円安をわかりやすく解説!YOKO

100円で玉子が半パックしか買えなくなった、つまり円の価値が下がったことになります!

円高円安はどっちがいいの?

円安とは、自国通貨の価値が下がり、外貨に対して安くなる状態を指します。一方、円高とは、自国通貨の価値が上がり、外貨に対して高くなる状態を指します。円安円高それぞれのメリットとデメリットをみてみましょう。

円高のメリット

円高になると、輸入品の価格が下がります。例えば、海外から輸入する原油や食料品の価格が下がることで、物価低下の効果が期待できます。また、より多くの外貨が購入でき、海外での生産コストが下がるため、円高になると日本企業は海外進出が有利になります。

円高のデメリット

一方、円高になると輸出品が高くなるため、輸出産業には打撃が生じる可能性があります。

また、海外からの観光客が減少することで、観光業に対する影響が生じることもあります。さらに、円高になることで、輸入品が競争力を失う可能性があります。例えば、海外からの自動車や電子機器が、国内産業に対して価格競争力を失うことがあります。

円安のメリット

円安になると、輸出産業が有利になります。

なぜなら、海外から見ると自国製品の価格が下がるため、買い手が増える可能性があります。また、輸入品の価格が上がり、自国製品の需要が高まることもあります。例えば、日本からの輸出品である自動車や電子機器などが海外でより需要が高まります。

円安のデメリット

円安になると、海外から輸入する輸入品の価格が上がります。

例えば、原油や食料品などの輸入品は、価格上昇に繋がることがあります。
これにより、消費者には物価高の影響が及びます。また、外貨建ての債務がある企業や国は、返済負担が大きくなるため、経済的なリスクが生じることがあります。

円高円安についてよくある質問

円安と円高の原因は何ですか?

円安や円高の原因は、市場の需要と供給に依存しています。外国投資家が日本の市場に投資することを決定すると、その需要によって円の価値が上がり、円高状態になることがあります。一方、日本企業が海外に投資する場合、それらの海外での支出によって日本円の需要が低下し、円安状態になることがあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次