※当サイトのコンテンツには、一部広告を含む場合があります。

自己資本比率

読み方:
じこしほんひりつ
英語表記:
Capital adequacy ratio

自己資本に対する総資本に占める比率のことで、企業の財務安全性を表す指標。

自己資本比率とは、企業の自己資本(株主資本)が、総資本(自己資本と他人資本の合計)に占める割合を示す指標です。自己資本比率が高いほど、企業の自己資本による資金調達比率が高いことを示し、企業の財務安定性が高いと言えます。また、自己資本比率が低い場合は、企業の借入金が多いことを示し、財務リスクが高いと言えます。自己資本比率は、企業の業種や規模によって異なるため、比較対象とする際は、同業他社と比較することが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次